アスベスト関連ニュース

« Prev12

2020年1月15日
厚生労働省委託事業により、一般財団法人日本環境衛生センター(JESC)は「建築物石綿含有建材調査者講習の講師を目指す方のための勉強会」を開催します。ASAはこの勉強会を支援しています。建築物の解体・改修工事の増加が推定されてり、未然に石綿のばく露を防止するために、建材等事前調査の徹底が必要不可欠であり、我々調査者の役割が高まっています。推定される工事数に対する調査者の数は絶対的に不足しており、人材の確保が喫緊の課題となっています。この件は、厚労省、環境省の委員会でも検討されています。講習実施機関の増加が今後見込まれ、講師の育成・確保も早急に求められています。これは講師となりうる方に、講義の要領と必要な知識を習得いただくための勉強会です。
2019年9月2日
東京都環境局の「民間建築物の石綿(アスベスト)点検・管理マニュアル」の(令和元年8月版)が更新されました。
2018年10月23日
10月23日付けで、旧建築物石綿含有建材調査者制度は廃止、新建築物石綿含有建材調査者制度が制定となりました。下記の厚労省サイトをご覧ください。https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177422_00002.html
2018年5月28日
厚生労働省より、基安化初0528第2号「労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令及び石綿障害予防規則等の一部を改正する省令の施行等について」が発行されました。
2018年4月20日
厚生労働省より、基安化初0420第2号「建築物に係る石綿の事前調査における主な留意点について」が発行されました。
2018年3月30日
厚生労働省の「アスベスト分析マニュアル【1.20版】」、「事前調査講習会テキスト(平成29年度厚労省委託事業、一部訂正版)」が厚生労働省HPに掲載されました。http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/sekimen/jigyo/ryuijikou/index.html
2018年3月27日
厚生労働省の「石綿飛散漏洩防止対策徹底マニュアル」2.20版がHPに掲載されました。http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/sekimen/jigyo/ryuijikou/index.html
2018年1月10日
「住宅・建築物安全ストック形成事業(住宅・建築物アスベスト改修事業)の延長について」(国土交通省住宅局建築指導課 事務連絡2017年12月25日)により、アスベスト含有調査に関する補助金が平成32年度まで延長となりました。民間建築物の補助金支給に関しては①建築物がアスベスト調査台帳等のアスベスト対策に係る建築物のデータベースに記載されたものであること。②事業主体において平成29年度末までに業界団体の参加する連絡会議の体制整備に着手すること。などの要件が盛り込まれています。
2017年6月12日
厚生労働省労働基準局化学物質対策課より 「建築物等から除去した石綿含有廃棄物の包装等の徹底について」の通知が発行されました。添付いたします。
2016年11月7日
ASAメルマガ号外配信。
2016年7月27日
ASAメルマガ第3号配信
2016年6月27日
ASAメルマガ第2号配信
2016年5月15日
ASAメルマガ第1号配信
2016年4月15日
ASAメルマガ第1号配信予定
2016年4月15日
ASAメルマガサンプル版掲載

« Prev12